正解 D)
サイトリターゲティングとは、過去に広告主様のサイトを訪問したことのあるユーザーが、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の広告掲載面を閲覧している時に広告を表示するターゲティング機能のことです。
正解 D)
掲載フォーマット「ディスプレイ」は、広告掲載「ターゲティング」で利用できます。 YDN のディスプレイ広告では、画像を登録すると審査が行われます。 画像の審査状況が「掲載停止」「掲載不可」の場合、または画像を削除した場合、当該の画像を設定した広告は、画像が表示されません。
正解 C、D
YDN のディスプレイ広告およびテンプレート広告で登録できる画像フォーマットは「JPEG( RGB のみ)」「GIF89a」「PNG」です。
正解 A
審査において「掲載不可」もしくは「掲載停止」となった場合は、広告管理ツールから「掲載停止理由」もしくは「掲載不可理由」に記載されている内容を修正し、再審査を依頼してください。このケースでは、サイトの内容が広告掲載ガイドラインに抵触しているので、サイトを修正する必要があります。
正解 A
YDN のパフォーマンスレポートでは、作成当日を含まない過去 13 カ月分のレポートが作成できます。
正解 A
広告配信先レポートは、広告がどのような掲載面に表示されているかを、アカウント、キャンペーン、広告グループ単位で確認できるレポートです。
正解 A、C
プレイスメントターゲティングは、キャンペーンの広告掲載方式が「ターゲティング」または「インフィード広告」の場合に設定できます。
正解 C
YDN のテキスト広告の入稿に必要なのは、タイトル・説明文・リンク先 URL・表示 URL です。
正解 B
YDN のコンバージョン測定では、計測期間を 7 日から 90 日間で設定できます。また、Cookie 情報とログイン情報を用いた測定で、デバイスをまたいだ測定ができます。ただし、スポンサードサーチと YDN ではそれぞれタグを発行する必要があります。なお、YDN のコンバージョン指標としては、ビューインプレッション数およびビュークリック数どちらも測定できます。
正解 B
ターゲティング設定により広告の配信対象を限定した場合、広告の表示回数の低下や、広告が表示されなくなる可能性があります。
正解 D
入稿している広告の種別で入札価格を設定したい場合は、広告ごとに入札価格を設定してください。
正解 B
コピー元とコピー先の広告タイプが適合しない場合、コピーができません。広告タイプはキャンペーン作成時に選択した広告掲載方式に依存しています。
正解 A
YDN のインポート機能では、入稿用ファイル作成時には、「配信状況」や「エラーメッセージ」など、入力が不要な項目もあります。なお、インポート入稿の場合でも審査の対象となります。また、ディスプレイ広告の入稿は可能であり、既存入稿内容の修正も可能です。
正解 A、B
YDN YDN で作成済みの広告は編集できます。編集可能な項目は広告タイプやレイアウトによって異なりますが、テキスト広告は、「広告名」「タイトル」「説明文」「表示URL」「リンク先 URL」「広告入札価格」が編集できます。
正解 B
ターゲティングをたくさんかけて広告の表示対象を絞れば CVR が向上するというわけではなく、インプレッションは減少します。適切なターゲットに広告を配信することが重要です。
正解 A
性別ターゲティングでは、広告の閲覧ユーザーの性別をあらかじめ設定して、広告を配信する先を男性または女性に絞り込むことが可能です。
正解 B
設問の例の場合は、広告グループの入札価格 40 円のため、ターゲティングが男性の場合の入札価格調整率は 25%、女性の場合の入札価格調整率は 0% です。
正解 A、B、C
スポンサードサーチおよび YDN で利用できる「前払金移動」の主な機能は、以下のとおりです。 ・スポンサードサーチと YDN 間の前払金移動に対応 ・アカウント間の移動に対応 ・前払金の一部移動では、広告配信を続けたまま、前払金の即時移動が可能 ・前払金移動は、管理者権限のYahoo! JAPAN ビジネス ID でログインしている場合に利用できます。
正解 A
YDN でコンバージョン測定したい場合は、YDN 用のコンバージョンタグを別途発行し、コンバージョンページに設定する必要があります。
正解 B、C、D
取引を完了したインターネットユーザーをトラッキングし、コンバージョン数、コンバージョン率、コンバージョンコストを算出する効果測定機能を有効活用し、広告運用の最適化を図るため。
正解 B
インプレッションは十分であることから、予算や入札価格を上げる必要はありません。獲得単価が目標値より高いということは、広告が意図したターゲットに表示されていない可能性があるため、ターゲティング設定を見直すのが有効です。
正解 C
獲得効率の良い対象に予算を追加することで、予算切れによるインプレッション停止を防ぐことができ、良い獲得効率のままで、より獲得数を増やす効果が見込めます。
正解 A、B
コンバージョン率が低い場合は、広告文とランディングページを見直し、広告が表示されたユーザーにとってクリックしたくなるよう、運用を見直すことが必要です。広告予算については、増やした場合はインプレッションが向上する可能性がありますが、CVR が向上するとは限りません。
正解 A
この場合、コンバージョン率が高く獲得単価が低い「20 歳~29 歳」をターゲティングして、入札価格を上げると獲得効率の良い状態でインプレッションがさらに増える効果が見込めます。年代でターゲティングしないキャンペーンの入札価格は低めに設定して獲得単価が上がらないように運用する必要があります。
正解 D
キャンペーン予算(日額)は、100 円以上、100 円単位で設定できます。
正解 A
キャンペーンのクリック料金が「キャンペーン予算(日額)」で設定した金額の範囲内でおさまるように、システムが自動的に広告の表示・非表示をコントロールします。広告の表示頻度が高い日には、1 日の予算の最大 120%を限度に費用が発生することもありますが、月単位で計算した場合におよそ設定した金額内でおさまるように調整されます。
正解 C
キーワード自動挿入機能とは、広告(タイトル、説明文)に登録しているキーワードを自動的に挿入する機能です。補完テキストとは、キーワードの自動挿入機能を使用する際に、登録キーワードの代わりにタイトル、または説明文に挿入するテキストのことです。 広告文にキーワードを挿入すると規定文字数を超える場合、補完テキストが挿入されます。
正解 A
マッチタイプを変更すると、既存のキーワードは削除され、新しいキーワードが作成されます。新しいキーワードの統計情報はゼロからの開始となり、既存のキーワードの統計情報は削除されます。マッチタイプ変更以前の統計情報は、レポートから確認できます。
正解 A
検索クエリー一覧では、検索クエリーを同一アカウント内のキャンペーンや広告グループに、キーワードまたは対象外キーワードとして追加できます。
正解 B
クリックの実績がないキーワードは、インプレッションが発生していても、検索クエリー一覧には表示されません。また、検索クエリーに対して広告の表示回数が記録されるのは、その検索クエリーで広告が 1 回以 上クリックされてから30 日以内の期間に限られます。
正解 C
広告管理ツールの「広告の審査状況」では、広告の「審査状況」「審査否認理由」「送信日」などが確認できます。「審査基準」は確認できません。
正解 A
パフォーマンスレポートを作成できる権限は、登録更新権限です。
正解 A
最終リンク先 URL レポートでは、URL ごとの統計情報を確認できます。
正解 B、D
YDN の動画広告では、入札価格は動画 1000 回の再生に対する金額を設定します。また、掲載本数は最大 3 本です。
正解 C、D
ヤフーが定める商品を除きスポンサードサーチ、YDN では、クリエイティブ内に以下の情報を記載できません。 住所 E メールアドレス 電話番号 FAX 番号 バーコードに代表される二次元コードの文字情報 ただし、スポンサードサーチの電話番号オプション利用の場合は除きます。
正解 A
広告グループに設定する場合は、1 アカウントにつき、キーワードの個数、「対象外キーワードツール」で広告グループに設定した対象外キーワードの個数、ターゲットリストの広告グループとの関連付け個数を合わせて最大 5 万個まで。 1 広告グループにつき、キーワード、「対象外キーワードツール」で設定した対象外キーワードの個数、ターゲットリストの広告グループとの関連付け個数を合わせて最大 2,000 個までが設定上限数です。
正解 A
広告表示の最適化は、広告グループ単位で設定可能です。
正解 D
スポンサードサーチのキャンペーンでは、広告の配信スケジュールのほかに、予算と掲載方法、ターゲティングの設定などが可能です。
正解 D
スポンサードサーチにおいて、配信方法、および入札方法の設定はキャンペーン単位で設定できます。 広告グループの入札方法は、通常はキャンペーンに設定した方法が適用されます。ただし、キャンペーンとは異なる入札方法を個別に設定できます。
正解 A、B
スポンサードサーチのインプレッションにかかわる指標は、以下のとおりです。 ・インプレッションシェア: 広告表示機会の総数に対して、実際に広告が表示された回数(インプレッション数)の割合。 ・完全一致のインプレッションシェア: 登録キーワードとまったく同じキーワード(※)で検索された広告表示機会の総数のうち、実際に広告が表示された割合。 ※キーワードの誤字や表記のゆれを含みます。 ・インプレッション損失率(予算): 広告表示機会の総数のうち、キャンペーン予算(日額)が原因で獲得できなかった広告表示回数の割合。 ・インプレッション損失率(掲載順位): 広告表示機会の総数のうち、掲載順位が原因で獲得できなかった広告表示回数の割合。
正解 B
広告表示オプションはアカウント単位で管理を行い、同一のアカウントであれば、1 つの広告表示オプションを複数のキャンペーンや、広告グループに関連付けられます。
正解 C
入札価格調整機能とは、キーワードの入札価格に調整率を設定し、特定の入札価格に調整する機能です。このケースでは、30 代男性のみ入札価格を上げたいので、ターゲットリスト入札価格調整率設定を使うことが適切です。
正解 A、B、C
キャンペーンエディターのインポート機能では、任意の項目のみを入力した CSV(または TSV)ファイルやテキストデータを使ってインポートができます。ここでは、ファイルでのインポートのため、CSV、TSV となります。
正解 A
クイックリンクオプションは、広告の最終リンク先 URL 以外にも短いテキストと最終リンク先 URL を指定して表示できる機能です。広告面積の拡大により視認性が向上するとともに、複数コンテンツへのリンク表示によりユーザーの選択幅が広がるため、クリック率の向上が期待できます。
正解 A
「広告の品質」は、広告オークションに参加するたびに、以下の項目をはじめとした複数の要素を加味してリアルタイムに評価されます。 ・推定クリック率 当該広告(タイトル・説明文)がどれだけクリックされうるかという推定の値です。広告の過去のクリック数やインプレッション数の影響を受けます。 ・表示 URL の過去のクリック率 その表示 URL 自体がどれだけクリックされたかという実績値です。 ・広告文と検索クエリーの関連性 広告が掲載される地域別の掲載実績(アカウント全体) ・インターネットユーザーの検索クエリー 各種デバイス(PC、スマートフォン、タブレット)での広告の掲載実績 など
正解 D
広告の品質を決める要素は以下となり、複数要素を加味して、リアルタイムに評価されます。 ・推定クリック率 ・表示 URL の過去のクリック率 ・広告文と検索クエリーの関連性 ・広告が掲載される地域別の掲載実績 ・インターネットユーザーの検索クエリー ・各種デバイスでの広告掲載実績 入札の金額は、広告の品質に影響を与えません。広告の品質と入札価格を元に広告の掲載順位が決定します。
正解 A
完全一致の場合は、登録キーワードと検索キーワードが完全に一致した場合、または類似パターンに該当した場合に広告を表示します。「ギフト 誕生日」「誕生日 ギフト」「誕生日のギフト」で検索した場合、検索結果に広告が表示されます。
正解 C、D
絞り込み部分一致の設定は、部分一致で登録するキーワードの一部の語句の前に半角の「+(プラス)」記号を付けます。この「+(プラス)」記号がついた語句に関しては、その語句自体、もしくは少しの言葉の揺れ、例えば、タイプミスや送り仮名の違いなど類似したパターンの語句で検索された場合に広告が表示されます。「+(プラス)」記号をつけなかった語句に関しては、通常の部分一致の設定となり、類義語や関連性のある検索に対しても広く広告が表示されます。
正解 A
部分一致を利用すると、登録キーワードの類義語や関連性のある検索キーワードに対しても、広告を表示します。広告の表示機会が増えますが、場合によっては想定とは異なるターゲットに広告が表示されることもあります。そこで、「対象外キーワード」を設定し、お客様のサイトの内容や商品と関係ない検索に対しては、広告を表示させないようにしましょう。
正解 C
「全自動 洗濯機」というクエリーに完全一致したものに広告を表示させたくない場合は、マッチタイプを完全一致にして対象外キーワードに登録します。
正解 C
キーワードアドバイスツールでは、キーワード候補やキーワード候補の各種データの確認や、抽出結果のダウンロードが行えます。また、抽出したキーワード候補をキーワードとして追加できます。 ・推定値は、最大値と最小値を確認できます ・抽出結果は CSV ファイルでダウンロードできます ・キーワードの追加はキーワード候補からキーワードにチェックをいれ、「キーワード追加」ボタンから追加できます。
正解 A、B、C
共有ライブラリ画面ではリスト(プレイスメントリスト、ターゲットリスト、サーチキーワードリスト)、または画像ファイルの管理・追加が行えます。
正解 B
カテゴリ補足オプションは、広告の下部に補足カテゴリー(小見出し)と補足内容(語句)を追加できる機能です。広告の下部に、広告タイトルのリンク先(最終リンク先 URL)とは異なる URL へのリンクを表示できる機能は、クイックリンクオプションです。
正解 A
対象外キーワードツールでは、対象外キーワードの追加(設定)や削除、参照が可能です。管理者または登録更新権限の方が利用できます。参照権限の方は参照のみ可能です。
正解 C
広告プレビューツールは、インプレッションを発生させることなく、通常の Yahoo! JAPAN の検索結果ページと同じように広告を表示できるツールです。地域やデバイス、キーワードなどを指定して広告のプレビューを表示します。曜日・時間帯を指定することはできません。
正解 A
広告がクリックされてサイトに集客できても、広告の内容とリンク先ページのコンテンツが関連していないと、離脱を招いてしまいます。 ユーザーが探しているものが広告で訴求した商品/サービスなどがリンク先のページ内ですぐに見つかるような設定にすることが大切です。
正解 D
品質インデックスの改善のためには、クリック率の向上が必要です。広告文を見直し、工夫を行うことで、クリック率の向上が見込め、品質インデックスの改善につながります。
正解 D
品質インデックスは、広告の関連性および、入稿されたキーワードが広告のクリックに結びつくかの予測により算出されます。広告文を替えてクリック率を高めることも、キーワードに紐付く品質インデックスの向上が見込めます。
正解 A
手動入札の場合、キャンペーン配下の広告グループまたはキーワード単位で入札価格を個別に設定しますが、「拡張クリック単価」を「有効」にした場合は、コンバージョンをできるだけ多く獲得できるよう、キーワードの入札価格が自動的に調整されます。
正解 A、B、C
CSV(または TSV)形式で作成したファイルを読み込んで、キャンペーンエディター上にデータをインポートする方法と、クリップボードに保存されたテキストデータをキャンペーンエディター画面に貼り付けて、テキストデータをインポートする方法があります。
正解 A
CSV(または キャンペーンのクリック料金が「キャンペーン予算(日額)」で設定した金額の範囲内でおさまるように、システムが自動的に広告の表示・非表示をコントロールします。そのため、1 日の予算を超えてしまうと、広告配信がされなくなります。
正解 D
表示回数・クリック数ともに多いが、コンバージョン率が低いキーワードはコストだけ消費してCPA が上がります。このようなキーワードを削除することで獲得効率を高めることが見込めます。
正解 A
広告プレビューツールを使っても広告が表示されない場合、キーワードの配信設定が「ON」になっていない場合があります。
正解 C
キーワード、クリエイティブ、リンク先ページには、関連性が必要です。関連性のないものは、広告商品価値の低下およびユーザビリティーの低下を招くため掲載できません。
正解 D
ユーザーが探している内容は、検索語句に現れている可能性が高いため、「テレビ」という語句と関連性の高いリンク先ページとして適切なものは「テレビのカテゴリーページ」です。
正解 A
対象外キーワードとは、サイトの内容や商品と関係のない特定の検索に対して、広告を表示させないように設定するキーワードです。対象外キーワードを活用することで不要な広告表示を減らし、広告主様のサイトの内容と関連のある検索に的を絞って広告を表示できます。
正解 D
アカウントの構成にウェブサイトを役立てる場合は、広告グループとキャンペーンの構成を誘導先サイトのカテゴリー構造と合わせるとよいです。そうすることで、検索ユーザーの興味の深さと誘導先のサイトの内容を近づけられます。
正解 D
広告を作成する場合は、価格、効果、品質、対応など、訴求したい内容で作成します。また、訴求別のテストを行うことでどの訴求内容の効果が高いかなどの検証も行えます。
正解 D
具体的な目標を設定し、掲載結果を把握することで、適切な CPA を算出することができ、それに合わせて適切な入札単価を設定できます。その他の選択肢については、掲載結果を把握した上で、さらなる情報、および施策を行うと実現可能なものです。
正解 C
健康食品においては、効果効能を記載する広告表現は禁止されています。
正解 B
スポンサードサーチおよびYDN のテキスト広告では、「最大」「最高」「最小」「最速」「No.1」「世界初」などの最大級・絶対的表現のあるクリエイティブは掲載できません。
正解 A
CPC(クリック単価)は Cost Per Click の略です。プロモーション広告が 1 回クリックされるごとにかかるコストのことです。
正解 C
月次ご利用明細は「ツール」タブではなく、「レポート」タブから確認ができ、前月分のご利用明細は当月上旬頃に更新、表示されます。
正解 A
取引明細は、「レポート」タブから確認が可能で、一覧は同時に 36 カ月分が表示できます。
正解 C
広告管理ツールを利用するためには、 Yahoo! JAPAN ビジネス ID を発行したあと、広告管理ツールの権限を取得する必要があります。
正解 A、B、D
広告掲載基準によって、以下のような広告でユーザーを不快にさせたり、混乱させたりするものは掲載できません。 高速で振動したり、点滅したり、単純なループを繰り返すような画像、映像を用いたもの[もっと詳しく] OS やブラウザーの機能と誤認するもの Yahoo! JAPAN のコンテンツと混同する可能性があるもの 人間の局部を強調したもの、コンプレックス部分を露骨に表現したもの 過度な肌の露出があるもの、性的なもの その他、ユーザーに迷惑となるもの
正解 A
「DMP」とは、広告主が保有する各種データを一元管理・分析・加工できるプラットフォームのことです。
正解 A
Lifetime Value とは、企業と顧客が継続的に取引をすることによって、顧客が企業にもたらす価値(利益) を指します。
正解 D
CPA を 800 円で、コンバージョン率を 3%とした場合の入札価格は、800×0.03=24 で、24 円です。
正解 D
共通タグ(「Yahoo! JAPAN ユニバーサルタグ」)をウェブページに設置し、広告管理ツール上で各種タグを必要なページに設定することで、複数のタグを一元管理でき、タグの導入・運用負荷の削減、ページ表示時間の高速化が実現できます。

他のTipsを見る

TOP